おそうじ本舗高松屋島店メールでのお問い合わせ

小さくて大きな喜び

2016年12月13日

高松市内、親子それぞれのご家庭で、ご愛顧くださっているお客様宅でのおそうじ。
作業を始めると、いつもお出かけになります。
その間に、妻と二人でせっせとおそうじ。

ふと、台所横の壁のカレンダーが目に入りました。

今日の日付の欄には、

「おそうじ 山本さん」

こう書いてありました。


「おそうじ おそうじ本舗」
ではありませんでした。

これが嬉しかったのです。


もちろん、私は全国チェーンおそうじ本舗の一員としておそうじにお伺いしています。ですが同時に、出会ったお客様は私、山本保とご縁をいただいた方として大切にしていこうと努力しているつもりです。

名前を覚えていただく事は小さなことですが、私には大きな喜びです。

これからも誠実に仕事をして、お客様から

「おそうじ(本舗)=山本さん」

と思ってもらえるよう頑張ろうと思いました。
お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る